教員紹介

英語科 川端 健嗣

英語というコミュニケーションの道具を使って、身近なことから社会の出来事に対する自分の思いや考えに至るまで、自信を持って世界へ伝えることができる力をはぐくみます。色々な英文に触れることで異文化を理解すると同時に、単語・熟語、文法の演習を通じて、様々な場面で使える英語の基礎力を身につけていきます。さらに、英語での発話や作文、外国人教員による授業、スカイプを使っての会話練習など、身につけた英語を実践的に発信する機会をできる限り多くしています。

英語科 川端 健嗣

国語科 板谷 悠子

「国語力」とは、正確な理解力・深い思考力・豊かな表現力などを含む複雑な能力です。そのため、中学では特に丁寧に学習します。中でも「国文法」の授業では、読解力や文章力の基盤となる口語文法をじっくり学ぶことができます。古典文法の土台にもなるので、高校の学習内容を意識した指導が行われています。また中高の区別なく、国語を不得意とする生徒には全ての国語科教員でサポートにあたり、一人でも多くの生徒に分かることの喜びを実感してもらいたいと励んでいます。

国語科 板谷悠子

数学科 中山 忠亮

「数学の知識、思考、説明があなたの未来を照らす」

ノートルダム女学院の数学のA類型の授業は、クラス毎の授業ではなく、習熟度別にクラスを分けて行っています。数学が得意な人には、教科書の範囲を越えていろいろな問題を解くことで数学の興味、関心を高めます。数学の苦手な人には少人数クラスでじっくりと問題を解くことで確実に力をつけて次に進みます。
B類型の授業では、豊富な授業数、補習を利用して自主的に考え、応用する力を養い、難関大学の入試問題にも対応する基礎を低学年から作っていきます。

数学科 中山 忠亮

理科 西田 正

「考える力を育み、感じる心をひきだす」

理科では、恵まれた自然環境を生かしながら、できるだけ多くの実験や観察を行うことを心がけています。実験データーとあわせて、自分の目で、耳で、鼻で、皮膚でとらえた感覚から規則を見つけ出し、論理的に考える方法を身につけ、あるいは持っている知識を実際に体験することで、理解を深いものにしたいと思います。理科の学習を通して、日常生活の中で疑問を見つけ、自ら解決する好奇心に富んだ態度と能力、季節の移ろいを感じとれる観察力や感性、そういったものの獲得を目指します。

理科 西田 正

家庭科 杉本 奈美

中学家庭分野では、他教科で学んだ理論を統合し、より実践的学習を身につけるため、実習に重きを置き授業を行っています。そして高校家庭分野では、カトリック校の特徴を生かし、「共に生きる」ことについて考えます。
新たに生まれる命の誕生から、老いに至るまで、人の一生を見つめます。そして、自分が属する社会が与えてくれる愛について、社会の中にいる自分が持ちうる役割について考え、一社会人として成長することを目指しています。

家庭科 杉本奈美
資料請求
ノートルダム女学院学校紹介動画
ノートルダム女学院日記・ブログ紹介

入試説明会・オープンキャンパス

英検CAT
学校法人 ノートルダム女学院 グループサイトGROUP WEB SITES OF NOTRE DAME JOGAKUIN
ノートルダム学院小学校
ノートルダム女学院中学・高等学校
京都ノートルダム女子大各
学校法人ノートルダム女学院