沿革・建学の精神・教育理念

受け継がれ世界に広がるノートルダム

沿革

南ドイツでの出発

1833年、マザー・テレジア・ゲルハルディンガーが南ドイツのババリア地方にあるノインブルクにノートルダム教育修道女会を設立。当時なおざりにされていた庶民の子供たちの教育、とりわけ女子の教育に対して時代に先駆けた取り組みを始めました。「神に創られ、限りなく愛されている尊い子どもたちの無限の可能性を引き出し育てること。」これがマザー・テレジアとノートルダムの教育の目標です。

絵:ドイツ・ノインブルクに建てられた初めての校舎と当時の授業風景

アメリカでの発展

1847年、ノートルダム教育修道女会はドイツ移民の子どもの教育を求められてアメリカに渡りました。現地の求めに応え、ドイツの子どもばかりでなく、あらゆる国の子どもの学校を北米各地で始めることになりました。

写真:ミルウォーキーに設立された最初のアメリカのノートルダム校

京都へ

1948年、日本は第二次世界大戦敗戦直後で、物もなく、価値観の混乱した時代でした。こういう時代だからこそ、普遍的な価値観を教える女子校がぜひ必要だとの願いに応え、アメリカ・セントルイスから4人のシスターが京都に派遣されました。そして、1952年にノートルダム女学院中学校、53年に高等学校、54年にノートルダム学院小学校が開校され、61年には京都ノートルダム女子大学が開設されました。

写真:日本に派遣されたシスターメリーユージニアと3人のシスター

そして、今日

現在、ノートルダムは、同じ精神のもとに世界の30数ヶ国で教育活動を展開しています。ノートルダム教育のスピリットは、豊かになった現代の人間教育においても、真の人間観や人生観を基礎づけるものとして受け継がれています。

建学の精神

ノートルダム女学院は創立以来、時代のニーズに応えながら
キリスト教精神に基づく
Virtus et Scientia「徳と知」を
建学の精神として教育活動を貫いてきました。

Notre Dame「ノートルダム」とはフランス語で「私たちの貴婦人」すなわちイエス・キリストの母、聖母マリアを意味します。その名を頂く本女学院は、聖母マリアを規範と仰ぎます。約180年前、ドイツで産声を上げたノートルダムは、世界に広がりながら、その地域や時代のニーズに応えつづけてきました。
キリスト教精神に基づく「徳と知」を教育理念とした人間の尊厳を信じ、全人的な成長に導く教育の姿勢をこれからも貫いていきます。

“Ladyになりなさい”

初代校長であるシスターユージニアは「海外の文化の優れたところを取り入れると同時に、日本の良いものを大切にするしなやかさを備えた女性になってほしい」という願いをこめて、
"Be a Lady (Ladyになりなさい)"と語りかけていました。 本校では創立以来キリスト教精神に基づく「徳と知」による教育で「21世紀のLady教育」を実践し続けています。

教育理念

「徳と知」Virtus et Scientia
ノートルダム女学院ではキリスト教精神に基づく教育を行い、一人ひとりの可能性を開花させます。「徳」は愛する、共感する、受容するなど人間の”内面の力”を、「知」は知識や、知的能力を超えた人間の”知恵”を意味します。人間にとって大切なこのふたつの力をしっかりと身につける教育を行っています。

ノートルダム女学院の教育の根底を支える人間観、世界観は、以下のとおりである。
人は一人ひとり、神によって特別に作られた個別に尊い存在である。
人は、人間同士はもとより、すべてのものの存在の連鎖によって支えられて生きている。
教育は一人ひとりの可能性の完全な開花をめざすものであり、多様な者が支え合い、共に生きることによって、世界はあるべき姿に変えられる。

ノートルダム教育修道女会

資料請求
ノートルダム女学院学校紹介動画
ノートルダム女学院日記・ブログ紹介

入試説明会・オープンキャンパス

英検CAT
学校法人 ノートルダム女学院 グループサイトGROUP WEB SITES OF NOTRE DAME JOGAKUIN
ノートルダム学院小学校
ノートルダム女学院中学・高等学校
京都ノートルダム女子大各
学校法人ノートルダム女学院