進路指導の特徴

「学び力」

進路指導の特徴

本校では進路指導において、「徳と知」の精神を実現させるために、まず自己の能力を高め、自分の夢を実現させる指導を実施しています。

自学自習の意欲向上化

本校では中学・高校ともにシラバス(学習計画書)を作成し、授業の進め方や日々の学習に取り組む際の方法や心構えを示しています。教科担当者はこれをベースとして授業を進める一方、定期試験だけでなく日々の小テストの結果や課題の提出状況、授業中の様子まで担任と情報を共有し、双方から生徒への声かけをきめ細かに行うことによって生徒の抱える問題を早期に発見し、それを共に解消していくことで、生徒が前向きに日々の学習に取り組めるようにサポートしています。

将来への意識づけ

中学の段階から「進路の話」と称する講話の時間を取り入れ、意識の芽生えを図ります。高校1年生以降では、さらに各方面に進んだ卒業生の話を聞いたり、大学の先生を招いて様々な学問の世界を垣間見られるような時間を設けています。

綿密な面接指導

主に推薦入試やAO入試対策の一環として行われます。希望する生徒には面接対策ガイドブックを配布し、段取りやマナーを説明した上で、面接練習を繰り返し行います。

個々に対応した進路指導

学力のチェックと学習習慣の確立のため、中学では「学力推移調査」、高校1・2年生では「スタディサポート」、また「学力診断テスト」(いずれもベネッセ)を採用し、それらを生徒の日々の学習への取り組みとリンクさせて個々への指導を行っています。 また、高校2・3年生には各種模擬試験を積極的に受験させ、実力のチェックと弱点のフォローアップを図ります。

最新の受験情報に素早くアクセス

進路指導室には各大学の学校案内や募集要項、過去問などはもちろん、各種受験情報誌や過去に行われた模擬試験の問題が豊富に常備されており、パソコンも自由に使えます。志望校の受験対策に必要な情報がいつでも把握できるようにしています。

資料請求
ノートルダム女学院学校紹介動画
ノートルダム女学院日記・ブログ紹介

入試説明会・オープンキャンパス

英検CAT
学校法人 ノートルダム女学院 グループサイトGROUP WEB SITES OF NOTRE DAME JOGAKUIN
ノートルダム学院小学校
ノートルダム女学院中学・高等学校
京都ノートルダム女子大各
学校法人ノートルダム女学院